Hayami seminar web-site version 3.01


■講義関連
早見先生の講義メモサイト
早見先生が担当する授業に関する情報や、先生の研究・著書などの詳しい情報はこちらへ

メンバーページ入り口
早見研究会メンバーの専用ページです(ユーザー名とパスワードが必要)


2018年4月23日(月)

ゼミは超まったりやっています.
Matthew J. Salganik (2018) Bit by Bit: Social research in th digital age, Princeton University Pressをのんびり読んでいます. しかし,この本読んでもいろいろな分析例や研究について問題点や知識は増えるが,分析ができるようにはならない. という点で,とてつもなく耳年増な本である.じいさんが読んで,いまはやっているの分析にケチつけるというにはいいかもね. 切れのいいところで,もっとpracticalな本に切り替える予定だ.

2018年4月23日


2018年4月9日(月)

ゼミがはじまりました.
今年の3年生はラーメン食べてYouTubeを見ているというライフ・スタイルのようです.
でも,Car pool Karaokeを知らない人ばかりだった.いつの間にかAdeleもSiaも知らない世代になっていた.みんながWhen we were youngを思うころには私はいないだろう.

2018年4月9日


2018年3月15日(木)

ゼミ選考の結果,17人を迎え入れることになりました.
書類提出や登録が遅れたり,辞退する人がいて,いろいろありましたが,なんとか決まりました.
体力はありそうですし,面接のときには,勉強する気があったみたいですので,がっつりいきましょう.

2018年3月15日


2018年3月6日(火)

仮登録人数が20名ということで,とりあえずよかったです.
これまでの記録は過去のお知らせにアクセスしてください.

2018年3月6日


このサイトでは情報はたま~にしか更新されません.
かといってツイッターもほぼ死んでいます.

投稿者 : H




■著作権
当サイトのコンテンツの無断転載、二次利用等を固く禁じますのでご了承ください。
当サイトに使われている慶應義塾のエンブレムは、使用許諾を得ています。著作権は慶應義塾にありますので、無断転載などはご遠慮ください。

■リンクについて
当サイトへのリンクは、営利目的としない場合に限り、自由に行っていただいて結構です。

■動作環境
Chromeで動作確認しています。

■プラグイン
Adobe Readerが必要となる場合があります。

Copyright (C)
2004-2017
Hayami Seminar.
All rights reserved.

Powered by
sozai.wdcro